びまん性脱毛症

びまん性脱毛症改善のたった1つの方法

  • ホーム
  • びまん性脱毛症とは
  • びまん性脱毛症の原因
  • 自宅で出来るびまん性脱毛症ケア
  • 病院での治療について
  • びまん性脱毛症Q&A
びまん性脱毛症 > びまん性脱毛症の原因 > 髪の毛を染めている女性必見!ヘアカラーを使用していると薄毛が進行する原因は?

2018
06/15

髪の毛を染めている女性必見!ヘアカラーを使用していると薄毛が進行する原因は?


一覧へ戻る

「びまん性脱毛症」の治療をお考えの方はこちら≫≫≫

女性の薄毛はホルモンバランスの乱れ、髪の毛の栄養不足などが原因になっている事が多いですが、ヘアカラーを使用している事も影響しているので注意しなければいけません。

20代や30代の女性はオシャレをする事も多いのでヘアカラーを使用して髪の毛をいろいろな色に染める事が多いでしょう。

しかし薄毛で悩んでいる女性でほとんどの人が過去にヘアカラーを使用していたと答えています。

このようにデータからもヘアカラーを使用している女性は薄毛になる可能性が高い事が分かります。

そこでヘアカラーを使用しているとなぜ薄毛が進行するのか原因を挙げていく事にしましょう。

薬剤が付着して頭皮を刺激する

ヘアカラーに含まれている薬剤には頭皮に強い刺激を与えてしまう事が多いです。

しかも悪影響を与える成分も含まれているのでヘアカラーを使用して頭皮に付着した時に炎症が起こるケースもよくあります。

頭皮に炎症が起こると毛乳頭細胞を破壊してヘアサイクルが乱れてしまうので抜け毛が増えて薄毛が進行してしまいます。

ヘアカラーを使用した後に頭皮に炎症が起こった時は薄毛が進行するリスクが高まるのですぐに使用するのを控えるようにしましょう。

毛穴に詰まりやすくなる

ヘアカラーを使用する時は頭皮に付着してしまう事も多いので毛穴に詰まりやすくなります。

薬剤が毛穴に詰まると有害な成分が頭皮全体に浸透して頭皮環境を悪化させてしまいます。

また毛穴の中で薬剤が酸化して髪の毛に悪影響を与えて抜け毛を促進してしまう事もあります。

毛穴に詰まりやすくなるのも原因になっているのでヘアカラーを使用する時はなるべく頭皮に付着しないようにする事が大切になってきます。

まとめ

ヘアカラーを使用していると薬剤の影響で頭皮に悪影響を与えてしまう事が多いです。

最初にパッチテストをして頭皮との相性を確認してから使用する事が多いですが、それでも悪影響を与えてしまい薄毛が進行する可能性もあります。

髪の毛のボリュームがなくなってきたなど薄毛の兆候が見られるようになってきたらヘアカラーを使用するのは控えるようにしましょう。


「びまん性脱毛症」の治療をお考えの方はこちら≫≫≫

関連記事

全国10医院の女性の薄毛治療専門クリニック!!
東京ビューティークリニック

  • 女性専門の病院
  • カウンセリング無料
  • 発毛実感率99.4%
  • キャンペーン特典

東京ビューティークリニックの院内写真

東京・神奈川・埼玉・札幌・名古屋・大阪・福岡で10医院を展開する東京ビューティークリニックは、薄毛治療の女性患者数113,887名の実績を誇り、発毛実感率も驚異の99.4%と満足度の高い頭髪治療の専門クリニックです!!

東京ビューティークリニックはとにかく女性患者さんからの支持が高いことで業界では有名です。
その理由のひとつとして、東京ビューティークリニックでは丁寧で質の高いサービスを提供しているからです。
例えば薄毛で悩んでいる人に対して、とにかく丁寧にカウンセリングや診療を行います。
不安を完全に取り除けるまで何度でも時間を使って行うので、治療を行うときには患者さんと担当医師の間で信頼関係が構築されているのですっかり治療もしやすくなるのです。

薄毛治療の症例写真

東京ビューティークリニックについて詳しく見てみる

薄毛や抜け毛が少しでも気になる方へ

薄毛・抜け毛の治療ができるクリニック!!

薄毛や抜け毛が少しでも気になる方へ

薄毛・抜け毛の治療ができるクリニック!!

新着記事

運営者情報

サイトマップ

ページトップ