びまん性脱毛症

びまん性脱毛症改善のたった1つの方法

  • ホーム
  • びまん性脱毛症とは
  • びまん性脱毛症の原因
  • 自宅で出来るびまん性脱毛症ケア
  • 病院での治療について
  • びまん性脱毛症Q&A
びまん性脱毛症 > びまん性脱毛症の原因 > 喫煙しているとびまん性脱毛症が悪化する3つの原因

2018
06/15

喫煙しているとびまん性脱毛症が悪化する3つの原因


一覧へ戻る

「びまん性脱毛症」の治療をお考えの方はこちら≫≫≫

髪の毛が全体的に細くなって頭皮が透けてしまう薄毛をびまん性脱毛症と呼ばれていて女性に多い傾向があります。

女性用の育毛剤を使用して対策をすると改善される事もありますが、喫煙する習慣がある人は逆に酷くなってしまう事が多いです。

喫煙をしていると健康面で悪影響を与えてしまうのは誰でも知っている事ですが、びまん性脱毛症を悪化させてしまう原因にもなっているのです。

悪化させないためには喫煙する習慣を改善していく必要があります。

そこでなぜ喫煙しているとびまん性脱毛症を悪化させてしまうのか原因を確認していきましょう。

毛細血管が収縮する

喫煙するとたばこに含まれているニコチンが体内に吸収されていきます。

ニコチンは血管収縮作用があるので体内に吸収されると毛細血管が収縮してしまう事が多いです。

毛細血管が収縮されると血流が悪くなるので髪の毛に必要な栄養素が行き渡らなくなり栄養不足の状態になってしまいます。

髪の毛もどんどん細くなって抜け落ちてしまうので喫煙しているとびまん性脱毛症を悪化させてしまいます。

ビタミンCの消費量が多くなる

髪の毛の生成に必要な栄養素の一つにビタミンCが挙げられます。

ビタミンCの量が多い人ほど髪の毛も健康な状態に保ち続ける事が出来ます。

しかし喫煙をすると体内のビタミンCが消費されてしまうので髪の毛に行き渡る量も少なくなってしまいます。

髪の毛が栄養不足の状態になってしまうので抜け毛が増えて頭皮が透けてしまう事も多いです。

特に1日に喫煙する本数が多い人ほどビタミンCの消費量も多くなってびまん性脱毛症を悪化する可能性が高くなるので注意しましょう。

頭皮の老化を促進する

喫煙していると髪の毛だけでなく頭皮にも悪影響を与えてしまいます。

頭皮に悪影響を与え続けていると老化して乾燥しやすくなったり炎症を起こしやすくなったりしてしまいます。

髪の毛が抜けやすい状態の頭皮になってしまうので喫煙をしているとびまん性脱毛症が悪化してしまう事が多いです。


「びまん性脱毛症」の治療をお考えの方はこちら≫≫≫

関連記事

全国10医院の女性の薄毛治療専門クリニック!!
東京ビューティークリニック

  • 女性専門の病院
  • カウンセリング無料
  • 発毛実感率99.4%
  • キャンペーン特典

東京ビューティークリニックの院内写真

東京・神奈川・埼玉・札幌・名古屋・大阪・福岡で10医院を展開する東京ビューティークリニックは、薄毛治療の女性患者数113,887名の実績を誇り、発毛実感率も驚異の99.4%と満足度の高い頭髪治療の専門クリニックです!!

東京ビューティークリニックはとにかく女性患者さんからの支持が高いことで業界では有名です。
その理由のひとつとして、東京ビューティークリニックでは丁寧で質の高いサービスを提供しているからです。
例えば薄毛で悩んでいる人に対して、とにかく丁寧にカウンセリングや診療を行います。
不安を完全に取り除けるまで何度でも時間を使って行うので、治療を行うときには患者さんと担当医師の間で信頼関係が構築されているのですっかり治療もしやすくなるのです。

薄毛治療の症例写真

東京ビューティークリニックについて詳しく見てみる

薄毛や抜け毛が少しでも気になる方へ

薄毛・抜け毛の治療ができるクリニック!!

薄毛や抜け毛が少しでも気になる方へ

薄毛・抜け毛の治療ができるクリニック!!

新着記事

運営者情報

サイトマップ

ページトップ